メルティング陶片の一連なり木野目理兵衛 への感想

閲覧数1392
コメント数17

評価平均

発想3.3
構成2.9
表現3.5
総合3.2


 読了ツイートでは「わかんねえ」とつぶやいたが、二読目でふと気づいた。独特の比喩と、ときに思考を逸らせる不意打ちのような述懐が割りこむにせよ、書かれてる内容はけっこう具体的かもしれないと。なるほど一段目など主人公の置かれている状況と世界観が書かれていて、話の出発点としてはむしろ親切だ。言い回しが親切でないとしても。
 ただやはり難解にみせる仕掛けというのはあって、たとえば「栄螺」はなんでいきなりサザエ? と読みの思考をぶち切ってしまう。ハチの図柄と対比してるところを見ると、ひょっとして「ハチミツ」に対する「シジミパワー」の代用的な表現なのかと考え、それはそれで贅沢じゃねえかと笑ったりしましたが。ほかに「メグリム」は「偏頭痛(migraine)」をもじったネーミングなのかな、とかね。
 でもけっきょくのところ、こういう文字遊びと内容のバランスが奇矯の一歩手前とでも言いたくなるくらいで、つまりそこが楽しいか楽しくないかで読者が振り分けられてしまうんだろうと思う。

 イメージというのは個々のものだ。だから洞察力や読解力では超えられない線というのが必ずある。そしてそれは、むしろ超えようとしてはならない。だから私はこの胸くそ悪い景色を線のこちら側から楽しむのだ。
 とりあえずメグリム・ジョニーの偏頭痛は治らないんだろう。


具体的な何かをはっきりいつているわけではないけど、作者には明確な世界が広がっているのかなー?と。読者は小さい壁の穴からそれを覗いている感じかしら。
私には北斗の拳っぽくみえて、何か楽しくなってしまった。

ツボに関わる言葉の破片を繋ぎ合わせると、一つの大きな話(壺)が出来上がるという手法が見事です。
世界が荒廃していく中、ツボを押して魂を遊離させた人々はどこへ行ったのでしょう。幻想的で怪奇な光景が印象的でした。

ちょっとよくわかりませんでした。解説記事が必要だと思います。

もう、すごいなあ、和製サイバーパンク。ストーリーは深遠で複雑すぎて良くわからないが、目覚めた主人公の挙動だけでこの奇妙な世界が鮮やかに描かれる。意味を理解しようとか思わないで、言葉の流れと共に頭に火花を散らしながら現れるイメージの奔流にたゆたうのが心地いい。世界観が頭に浮かばないほどの奇妙な世界を思いつく作者にひれ伏すしかない。

一回目、よく分からなかった。
二回目、これはホラーかもしれないと思った。
三回目、ものすごく深い気がした。
四回目読んだらもっと何か分かるかもとおもったけど、そろそろお昼ごはん作らなきゃなので。

 これはまた、いろんなツボが登場してきまして、それらが、本文中の言葉を借りるなら「ないまぜ」になっていきますね。イメージが重なるんではなく絡まる感じ、決して同化するのではなく、あくまで一本の紐になわれていくような、独特の感覚です。舞台がどこなのかとか時代がいつなのかとか、気にする余裕がないままに同じ紐にまとめ上げられた感じです。
 偏頭痛は持病の人じゃないとその苦しみは分からないと聞いたことがありますが、こんな、えぐい感じにとろけそうな感覚なんでしょうか。周りの景色まで歪んでしまうような? それとも、歪んでいるのは頭痛のせいじゃなく、「新人類」すらも絶滅したというこの舞台設定でしょうか。なにがなんだか分からないままに、それでも文字だけ追っていけるというのも独特の感覚でした。まさに一連なりの作品。
 その一連なりの中からあまりに浮いているラスト二行。英語の方は何か知りませんが、蛸壺や~の意味を考えると、これを預言とするとはちょっと厭世的過ぎる気もしました。英語の方で救いがあるのでしょうか……?

正直言ってよくわからない。いやよくわからないというのは正直ではないな。まったくわからないというのが実である。でも、このよく(まったく)わからない言葉の波状攻撃に身を任せて、流されるままに読む進めるのは不思議と心地が良かったです。でもまあ、有り体に言うと読み物としては面白くはない。面白くはないけれど、不思議で楽しい経験はさせて頂きました。

うーん、理解しようと頑張ったつもりですが、
いや頑張ったのだろうか、そこも自信がなくなってくんですけど、これ以上時間をかけても理解が深くなることはないなと思いましたので、切り上げます。
理解できずにすみません。
理解できないなりの評価なので、気にしないでください。
あとジョニーさん、賞味期限は気にしてください。

世界は一体どうなっちまったんだ? と思わず問いたくなった。
読んで理解できるような代物ではなく、ただひたすらに感じるしかできない不思議な文体。
偏頭痛ジョニーよりも頭が痛くなりそうw
一度読んで今ひとつ良くわからず、二度読んで文のリズムに取り込まれ、三度読んで世界の異変を察知し、
蛸壺の前に黙祷する。
やばい、何言ってんだか自分でも良くわかんなくなった…orz

 はじめは二日酔いのストルガツキーみたいだと思った。
 どこまでがふざけていてどこまでが本気なのか、それともふざけるも本気もないのか、よくわからないけれどはじめの直感はそれなりにジャストミートしたような気がするが読んでいるうちにそんな気がするようにだんだん自分を修正していったのかもしれない。
 ともかくターボリアリズムというのがあるけれど、そういう作品として位置付けられそうな作品だと思った。具体的には最近読んだペレーヴィンの『ジェネレーション〈P〉』という作品が連想された。「意味がない」と素通りできない妙な何を商っているのかもわからない店の前で足を止める感覚というか、おれも何を言っているのかわからない。

扱う題材によっては空中分解しかねない文体を、今回はよい塩梅に収束しえたと思う。

あえて現実と虚構を行き来する人物を配置することで、難読な文体を用いた心境描写と情景描写の混同を自然なものとする趣向は非常によかった。

冗長とキャッチーのさじ加減が良い。でも話の展開はもう少しサービスしてもいいと思う。あと万智牌に反応してしまった。

これだけ漢字の多い文なのにどこまでも感覚的なのが不思議です。実験映画を見ているようでとても興味深いと思いました。コカ・エーリアスにちょっと笑いました。

自分探しの旅に出て、探し過ぎて自分を見失う。そんな印象を感じました。

正直に言おう、わからんかった。しかし、表現の坩堝であるとおもった。

なかなか難解ではあるのだけれど、なぜか心地よさも同居している。意味は拾いきれないんだけどなんか楽しい。
そんな作品。

twitterに投稿された感想を集めました