妖壺原 迦羅 への感想

閲覧数1502
コメント数18

評価平均

発想3
構成3.1
表現2.9
総合2.9


 すっかり遅くなりました。今さらですが感想です。
 まず冒頭の「You Tubo」にはクスッとさせられました。文章はシンプルでわかりやすく、ぼかし方も適度。しかし全年齢サイトで載せるにはけっこうギリギリかな(笑)。
 ホラーとしてはあまり恐いとか気持ち悪いというところがなく、このへんは文字数の問題なのか、時間の問題だったのか(掲載順から予想するに、〆切り間際の投稿だったと思われるので)。ストーリーも些か強引でした。ですがテンポやシーンの配分が良かったので、読んでるときは気になりませんでした。そしてけっこうエロかった!

始めの一行が全てであり、それ以上でも以下でも無く感じました。
ここからの発展に際しましては、
前半と後半とで食い違いを覚える所であり、
内容としては、どちらかに絞った方が良かったかと思います。

「よーつぼ」というヒトネタで最後まで押し切るのかな? と思いきや壷の
人化という二ネタでの構成。この長さに合っている。
けどオチがあまりにも……。捻らないストレートなものが私的には好感触って持論はあるが、これは締まっていない。投げっぱなしというか、だだ漏れというか。締まりがないなりの終わり方があると思うので、きっちきちに考えすぎずにただしそれでも〆たかたちにして欲しかった。すまぬ

これはR18な感覚です。女性が出てきた時点で正体がわかってしまうので、R18以外のもう一捻りが欲しかった思います。

一行目の掴みは完璧だったのですが、その後の展開にもたつきを感じます。
また、後半で「しまっちゃうおばさん」のホラーに切り替わりますが、恐怖度はそれほどでもなく、物足りないです。

>自分のものが、いや、それ以上に自分の体、意識、そのものを食われる恐怖。

恐怖を表現するために「恐怖」という言葉を使ってしまうのは下策で、女の様子や主人公の身体反応を丁寧に描写して、恐怖を演出していただきたいです。

しまっちゃうおじさんの話では、ぼのぼのが「こわいよー!」と泣き出すことがありますが、あれは、しまっちゃうおじさんについて語り終えた後だから許されるのであって、語ってる途中に言ってはダメだと思うのです。
そして「こわい」と言うまでもなく、しまっちゃうおじさんのこわさは、表情や仕草だけで読者に伝わるものなのです(分かる人にだけ分かればいい話)。

ヨーコ、妖艶でみだらでコワイ。最初の一行は、ああ、こう来たかと手を打つくらいのインパクト、よく思いついたなあと感心した。危ないものをふらふらと購入するその心理描写が秀逸、「ああ、やめとけ~~」と思わず心で叫んでしまった。最後は、まあ、楽しんだからいいんじゃないかナ。

二万円ですか?

壺に突っ込んで抜けなくなるとは、この人、相当なもん持ってますね(そういうことじゃない)

冗談効かせた序盤からのホラー展開。分かりやすくて良いと思います。

 あ、ようつぼと読めばいいのですね。ゆーつぼとよんでいました。タイトル通りなのに気づかなかった。失礼しました。

 結末は理解できませんでしたが、実に妖しい作品でした。短編ホラーとして、夏の夜にはぴったりっていう感じですね。エロいですし。
 あなたの……を。ここに入るのがなにか分かれば、きっとすとんと腑に落ちると思うのですが、いくら考えてもだめです。ヒントが見つかりませんでした。
 ようつぼ画面でまん丸い壷やら、青や緑の壷を選ばなかっただけ、まだよかったですよね。なにが来たもんだかどうなるもんだか分かったもんじゃあありません。

恐ろしく読みやすかった。
あとナンセンスにすら感じる導入。
ストーリーテラーっぷりは遺憾なく発揮されている、そこだけは買いたい。

展開としてはデリヘルと主人公が勘違いした次点で先が読めてしまったのが残念。
恐怖感の煽りも弱いのではないでしょうか。
もっと他へ目を逸らして最後一瞬を恐怖で落とすやり方でも良かったと思います。
やはりデリヘルと最初にワードを出してしまったのは惜しい。
横溝正史『悪魔の寵児』の一読をオススメ。

その破廉恥な壺、プライスレス!
中盤の桃色展開から転げ落ちるようにホラーへとなだれ込み、そのまま終了というジェットコースター展開が心地よい。ツボ⇒ようつべ⇒YOUTUBO⇔妖壺という、思いつきそうでおいそれとは思いつかない発想。そしてめくるめく禁断の秘壺♡ 非常に良かったです。

 コメントのみ書かせていただきます。
 吾妻ひでおの作品を思い起こしながら「ゴチソウサマ」をしました。
 読ませていただきましてありがとうございました。

ゴクリ……っ!!

オチがへんにはぐらかされたような感じで、不満は残るものの、さらりと読みやすい作品でした。

ちなみに、お手持ちのパソコンのhostsというファイルに細工をすれば、このようなイタズラは可能です(Win,Mac,Linux対応)

んで、youruboのurlはどこですの?(全裸待機

これはこれは……
……け、けしからんですね……
じつにけしからん壺だ。
検証のため、あとでURLを教えるように。

Youtuboという発想だけで勝負に持ち込むこんだようなギリ変化球のような。
ともすればギャグ調になってしまいそうな後編部分も官能ホラーに踏み込んでいて良かったです。
ただ前半部分とのギャップが少し大きすぎた気がします。

怖い。書き出しの軽い感じが効果的で、演出力を感じた。

序盤中盤終盤で作中に流れている空気が見事に切り替わります。なにやら踏み込んではいけないかもしれないけど、気になる序盤、えーっそっち系?(・ω・)wな中盤、そして、あ~ららなオチの終盤。後半は割りとテンプレ系な展開かなぁとは思いましたが、そこは描写の妙でぐいぐい読ませてしまう。するすると読めて面白かったです。ストレスフリーな文章。上手だと思いました。
終盤で紫金紅葫蘆を思い出したのですが、でもあれはヒョウタンだったw 

エロティックなホラーものって、今までのかきあげ! 作品にはなかった気がします。また新たなジャンルの作品に出会えた事を素直に感謝したいと思います。
YouTubeじゃなくてYouTuboで妖壷(ようつぼ)、しかも壷ってそこですかい! という二段構えの展開に唸らされました。
妖しいサイトの商品は買っちゃいけませんね。

 思い付きを思いつくまま書いてしまった感じが透けてというか露骨に見せつけていておもしろい。それでいて強引におさめてくるこの吸い付きのよさに感心せざるをえない。買いませんけどね。

twitterに投稿された感想を集めました