黒から白、そして。

檀敬

 大広間の上座に一段高い高座。そこに置かれた真っ黒の玉座に肘を突いて顎を支えている、黒衣の男子が一人。彼の名前はダーク。「闇の王子」とも「プリンス オブ ブラック」とも呼ばれ、このブラック・ワールドの後継者、つまり皇太子である。だが、そのダークは今、ひどく退屈そうに大広間で踊る男女を眺めていた。
「ダーク様、そろそろ踊りの輪の中へ……」
 ダークの横に立って耳打ちするのは、彼の侍従であり御守役でもある「ダル爺」だった。
「『黒ドレス』のお嬢様方が今日の主賓でございます」
 ダル爺はさりげなくこの大広間で行われている舞踏会の目的をダークに告げた。その第一はダーク皇太子の『妃選び』なのであった。
「分かったよ」
 ダークは仕方なく、玉座から立ち上がった。すると、音楽がスッと鳴り止み、踊っていた者、男性は跪き、女性は腰を落として会釈をした。
「ダーク皇太子殿下のお出ましである!」
 ダル爺が大広間に響き通る声でそう告げると、大広間の人々は更に頭を垂れた。ダークは頭を掻きながら、ゆっくりとステップを降りていった。ダークが大広間まで降りると男女は壁へと身を退き、大広間に残ったのは、三人の黒いドレスの女性で、横一列に並んでいた。
「お嬢様方、お面をお上げなさいませ」
 ダル爺の言葉で三人の女性はダークを見る。
「ダーク皇太子殿下にごあいさつを」
 ダル爺が促すと、左端の女性が軽く会釈をした。
「漆黒姫と申します。お見知り置きを」
 黒髪のショートボブに平板な顔立ち、ロリータチックの小柄なボディに、微妙な光沢を帯びた黒のA・ラインのVネックドレスを着ていた。
 真ん中の女性がニッコリと首を傾げた。
「レディ・カーボンブラックです。よろしく」
 ウェーブしたロングのブルネットで、背が高くて堀が深い顔に陽気な笑顔が印象的、全く光沢の無いブラックでマーメイド・ラインのオフショルダードレスを着用していた。
 右端の女性が膝を曲げて腰を落とした。
「黒洞公主《ヘイドンゴンツー》でございます。よしなに」
 ブラックでストレートなロングヘアで鼻筋の通った顔、ボン・キュ・ポンのセクシーボディに、大胆にスリットが入った黒のボディコンシャスなマンダリンドレスを着こなしていた。
「殿下、お嬢様方のエスコートを」
 ダル爺がニヤニヤしながらダークの背中を押す。
「分かった、分かった」
 俯き加減な三人の女性を眺めながらダークが言う。
「今の自己紹介の順番で僕と踊ってくれ」
 ハッとして顔を上げる漆黒姫。ダークはすぐに漆黒姫の手を取って、大広間の中央へ歩き出した。

 ワルツの三拍子が大広間にこだまし始めた。小柄な漆黒姫の細い腰に右手を当て、左手で彼女の小さな右手を受ける。可愛いという印象で華奢な身体に見えたが、いざダンスを始めると、とてもしなやかな身のこなしでダークのステップに軽やかに同調していた。
「お上手ですね」
 ダークが耳元で呟くと、漆黒姫は頬を赤くして答えた。
「追い付いていくのに精一杯ですわ」
 鈴が鳴るような可愛らしい声がダークの耳に届いた。
 極東の国の皇女である『漆黒姫』は充分にその気品を備えていた。特に「ジェット・ブラック」と呼ばれる系譜は一味違う。その『黒』は顔料を混ぜて作られるモノと違い、漆の精製の段階で鉄分を添加し、その酸化作用でウルシオール自体が変化して黒を発色させる、言わば天然に作り出される「黒」なのである。後述のカーボンブラックを混ぜたモノとはまた風格が違うのだ。特にこの『漆黒姫』は黒漆だけでなく生漆さえも身にまとい、経時変化で透明度が増して、黒に更なる磨きをかけた黒なのだった。
「殿下と踊れてとても光栄でした」
 演奏が終わると、漆黒姫はダークからスッと退いた。

 マーメイドドレスがはちきれんばかりにサンバのステップを踏み始めたレディ・カーボンブラック。にこやかに笑いながらも激しいボディタッチでダークを激しく揺さぶっていた。
「積極的だね」
 ダークの言葉にレディ・カーボンブラックは応える。
「あたしはやり手よ」
 そう言ってダークをタンゴ風の足捌きで絡めていた。
 大海の向うにある新大陸の国で育まれたカーボン一族、昔から存在していたものの、その隆盛はここ最近が富に顕著だ。非結晶と結晶、グラファイトとダイヤモンドで重んじられていた。だが、フラーレン、ナノチューブなどを輩出して、その注目度は計り知れない。カーボンブラックもケッチェン・チャネル・アセチレン・サーマルの四人姉妹で覇権を競っているという。この場に居る彼女は四姉妹の一人なのだろうか。いや、彼女は『ヴェンタブラック』かもしれない。なんでも光の吸収率は九十九・九十六パーセントだというのだから。
 ブラスセクションの音が大きくなり、サンバの曲がクライマックスを迎え、突然に音楽が終わった。
「ステキな踊りだったわ!」
 レディ・カーボンブラックはハァハァと息をしながら、ダークにニッコリと微笑んだ。

 彼女の細い腰に右手を当てて、伸ばした左手の指先を彼女の右手の指先を絡める。黒洞公主は、ダークの右腕に覆い被さるように左手をダークの肩に乗せ、右腕を伸ばしているので、彼女の胸がダークの胸に迫っていた。
「窮屈でごめんなさい」と黒洞公主は妖艶に微笑んだ。
「大丈夫ですよ」とダークは軽快にかわした。
演奏が始まり、ラグタイムの軽快なリズムが大広間に響き渡る。時々上体を反らすので、黒洞公主の大きくて柔らかな胸がダークの胸と触れ合う。
 深遠な歴史を持つ国の皇帝の娘である『黒洞公主』は、国の歴史と同じくらいの深い「黒」を持っている。光さえも飛び出せない「闇」を持っているのだ。だが、伴星や銀河の中心の場合に存在を確認できるだけで、単独では見つからない。シュバルツシルト半径以内の「黒」である『黒洞黒』は彼女しか持ち合わせていないのだ。
 ダンスを終えた時、上体を反らした黒洞公主をダークが抱きかかえるようにして密着していた。

 踊り疲れたダークはテラスで暗闇の空に吹く心地良い風に身を任せていた。明るい大広間を眺め、シャンパンを含みながら「ピンと来ないな」と、ダークは呟く。
 ふと横を向いたダークの目に、大広間の入り口で衛兵がスッタモンダしている様子が飛び込んできた。不思議に思い、ダークは暫くその様子を見ていた。遠くて話は聞こえないのだが、大広間に入ろうとする一人の客を衛兵が追い返しているところだった。その客とは女性のようだった。ダークは目を凝らしてそのご婦人を見た。年頃はあの三人のお嬢様方と同じ程度で、金髪の肩までのセミロングに均整の取れた目鼻立ち、スレンダーなボディに真紅のビスチェのプリンセスラインドレスを着ていた。興味を持ったダークは大広間の入り口へと急いだ。
「どうしたのだ?」
 ダークが衛兵に尋ねた時、その声に衛兵も金髪の彼女も動きを止めた。その彼女を見たダークもまたドキッとして動けなかった。ダークは彼女に心を奪われたのだ。
「君の名前は?」
 ダークが尋ねた時、ダル爺の大声が聞こえた。
「殿下、ダメです! ソイツは『フォトン』といっ……」
 だが、彼女『フォトン』は、動きを止めた衛兵をすり抜けて、ダークの胸に飛び込んだ。その瞬間、ダークとフォトンはまばゆい『光』と化し、周りの闇には光の洪水が押し寄せ、同時に新たな極彩色の時空が誕生した。

 これは、この世界に『ブラック・ワールド《暗黒界》』しか存在しなかった頃のことらしい。これが「新世界の始まり《ビッグ・バン》」だと伝えられている。だが、それが真実かどうか、誰も確かめる術を知らなかった。

感想を投稿する
ログインする※ログインしなくてもコメントできます!
コメントするときにログインしていると、マイページから自分が付けたコメントの一覧を閲覧することができます。

名前は省略可。省略した場合は「匿名希望」になります。

感想の投稿には利用規約への同意が必要です。