星風をうけて

平 啓

――星は生命の源だよ。あの光のなかにいのちが満ちていると思うと、わくわくしないか、マリエ。
 そう言って帰らなかったジョンから、二十年前のメールが届いた。
『マリエ、お宝をみつけたぞ!』

「その位置情報から、ここがわかったんですか」
 スクリーンには惑星が遠ざかりつつある。助手席のタケルの感嘆に、マリエはうなずいた。
「最後の通信が救難信号でないところが、ジョンらしいといえばジョンらしいんだけどね」
 もっとも亜空間通信が不可能となっては、二十年もかけて通常通信が届いたことじたい奇跡だった。
「どうしても船長に届けたいというお父上の執念ですかね。じっさい、すごいお宝ですよ!」
 タケルの興奮も無理はない。酸性雨の吹きすさぶ宇宙船の残骸の中から、マリエ達はアダマントの壷を発見したのだ。アダマントは高い硬度ながら軽量で、貴金属としても珍重されている希少金属である。
「しかもかなり高い純度ですからね。おまけに壷となると未知の文明を思わせて、学者達にも大激震です!」
 うわずった自分の声に気づき、タケルは肩を縮ませた。
「すみません……」
 壷の発見場所は、ジョン・ロクスの終焉の地でもある。酷薄の環境と二十年の歳月で、宇宙船は原型を留めないほどに腐食し、むろん遺体は確認しようがなかった。
「いいよ、結果はわかっていたし。それより恋人が待っているのに、遠回りさせて悪かった。感謝してる」
 クールフェイスと名高い船長のほほえみを受け、赤面したタケルは、いえ、と、あわてて計器に目を戻した。
「ま、まあ、実質は会社と折半になるでしょうけど、評価もあがって昇給間違いなしですね」
 お宝を発見しても勤め人根性から離れられないタケルに、マリエは苦笑した。が、それは自分も同じだ。新米宙航士のころ胸弾ませた銀河も、いつしか日常となって、今では会社指定の調査をルーティンにこなすばかりだ。
 嫌いではない。けれど生命の満ちているはずの星々を前に、こんなものなのかとの失望がある。
――わくわくしないか、マリエ。
 後ろの保管箱から、壷を取り出した。あの爛れた世界でも、損なわれることのない極硬の輝き。滑らな表面は、手にすいつくようだ。ただその口は蓋で塞がれ、比重結果から、別の何かが入っていると思われる。しかし中身がなんであれ、マリエの心中の苦さは消えそうもなかった。
 結局ジョン・ロクスは、お宝を後生大事にかかえて果てる、トレジャーハンターにすぎなかったのか。自分が求めていた「わくわく」はこんなものだったのか。ジョンの想いを追い、宙航士となってここまできたというのに。
 マリエは首を振った。親不孝の失意はともかく、幸い回収できたログボックスから、遭難原因を探る必要がある。再生装置にセットし記録を遡り、最初の異常を検索した。
 と、マリエの眉が次第に寄っていく。見上げたスクリーンには、もはや惑星は見えず主星が輝くばかりで。
 突然、緊急警報の金切り音が船内に鳴り響いた。

「ええ、小惑星帯を通過中、岩塊が接近、警報が鳴ってエンジンが急に不調になって回避不可能になって」
 すぐ脇のタケルが、涙声でなってなってと報告する。その結果が救命ポットの窓の向こうに、宇宙船の残骸となって散らばっていた。マリエはため息をついた。
「まあ、こうして生き延びて、亜空間信号も送ったから」
「そうですよね。会社の保険はあるし、壷もログもなんとか持ち出せたし。でもこんな大不運、めったにないです」
 意気消沈するタケルの言葉が、耳に残る。そう、めったにない。しかしあり得ないことではない。だからこその保険なのだが。
「タケル、ジョンのログにも星間物質が衝突したとあったの。やはり、エンジントラブルで回避できなかった」
 大破は免れたものの、すぐ近くの惑星へ不時着せざるを得なくなった。それも大不運なのか――もしかすると。
「二度あることは」
 三度、と、マリエが言いかけたとたん、狭いポット内をまたも警報がつん裂いた。「物体接近!」の声と同時にエンジンレバーを引く。が、これも作動しない。
 船窓に張りつくタケルが岩塊を認めて、悲鳴をあげた。
「ひどい、なんの因果でこんな目に!」
 因果。つまり原因と結果。ジョンと自分たちにある共通点は。そこで天啓のようにひらめいて、マリエが叫ぶ。
「タケル、壷だ! 壷を捨てろ!」
 四の五の言わず即座に命令には従うのが、この青年のいいところだ。しかし取り出した壷を廃棄シュートに入れようとして、再び泣き声をあげた。
「つっかえて入りません!」
 計測済みの数値からそんなバカなと思うが、今は深く考えている暇はない。すぐにヘルメットの装着と身体固定を指示し、開閉扉のハンドルを回した。ガコンと鈍く船体が響き、丸い暗闇の向こうに水蒸気の雲がぱっと散る。それとともに暗い空間へ吸いこまれていく壷のきらめき。
 扉が閉まるや、たちまちエンジンが復活した。Gで体を壁に押しつけられながら、なんとか窓外をのぞくと、ちょうど壷が岩塊に衝突したところだ。もちろん、こんなことで極硬の器は壊れはしない。しかも反作用の力と衝突角度が相まって、今度はこちらにまっすぐ向かってくる。
「ひええええ、あっちへいってくれ!」
 しっしっと手を振るタケルの横で、マリエは加速レバーを握りしめた。救命ポットの燃料は少量なので、できるなら使いたくない。白銀の星光を返す壷は、ゆっくりと回転しながら近づくが。どうやら接近通過ですみそうだ。
 息を殺して見守る二人のすぐ前を、アダマントの輝きが横切った。壷の曲線にそって光が流れ、繊細なスペクトルを紡ぎ出す。ゆるやかに色彩が変化し、こうして宇宙空間にあると極硬とは思えない。むしろ柔らかささえ覚えて。
 柔らかく、そして暖かく――マリエ。その呼び声。
「はあ、きれいですねえ……」
 遠ざかる壷を見送りながらタケルがつぶやいた。そこで急な船内Gで体を振られ、ひゃっと声をあげる。
「ごめん、タケル」
 加速レバーの入った救命ポットは、たちまち壷に追いついて、すばやく伸びたアームがこれを捉えた。
 タケルの困惑したまなざしが向く。マリエ自身、何をしているのだろうと思う。望みはとうの昔に諦め、委ねられたのはうれしくもない「お宝」だ。ただこの壷を、光を、ジョンは最期まで見つめていたのだ。おそらく。
「わくわく」しながら。
 その時。
 壷が光を発した。しかも口のあたりがまぶしくうごめき、中から細長いものが姿を現す。と、瞬く間にまっすぐ伸びて、目の届く果てまでに至った。また左右にも対の支線が何筋も伸び、間を白銀の膜が張っていく。まるで巨大な木の葉のようだ。さらに大きく広がるにつれ膜は薄くなり、星光が透けるほどにもなった。
 もはや全体のスケールは、マリエ達にはつかめない。
 膜のゆらめきで星々が瞬く。やがて膜に小さな青い光がぽつりぽつりと点りだす。それが、たちまちはじかれたように全体に広がって、いきなりポットが加速した。
「な、なんなんですか、ああ、あれ」
 船窓から淡く射しこむ光が、波のように揺れている。
「星風……恒星風を受けて進んでいるんだ」
 口にして、ああ、とマリエは腑に落ちた。ジョンはこれを見たのだ。星風を受け、漆黒の海を渡る巨大な帆を。遙かな宇宙気流を旅するものの姿を。そう、旅するもの。
 あの壷にはいのちがある。でなければ、どうして二十年もかけて、ジョンがお宝だと知らせようとするだろう。
――わくわくしないか、マリエ。

 アームを離れ、壷のかける帆が銀河の彼方に消えていく。あのまま救助を待つことも考えたが、軌道を外れすぎては捜索に時間がかかり、酸素が保たない。ただ壷を廃棄したため昇給はなくなりそうで、マリエの心は軽いものの、タケルにはすまなく思う。そこへ保管箱を探っていた当のタケルが、驚きの歓声をあげた。
「壷の破片が落ちてます! これって」
 マリエは思わず笑った。どうりで大きかったはずだ。
 脱皮した壷は、アダマントの殻を残していたのである。

感想を投稿する
ログインする※ログインしなくてもコメントできます!
コメントするときにログインしていると、マイページから自分が付けたコメントの一覧を閲覧することができます。

名前は省略可。省略した場合は「匿名希望」になります。

感想の投稿には利用規約への同意が必要です。