ぼくたちにはまだ早いとてもエッチないくつものこと

おひるね丸

 ぼくたちにはまだ早かったのだ!
 コンビニの本棚の端にあるその雑誌を見ようとすると、奥のトイレからおじさんが飛び出してきて「まだ早い!」棚から抜き取り隠してしまったのだ!
「見たいよぅ」「エッチなもの」「すごく」「見たいよぅ」
 ぼくたちがいくらそう頼んだって、おじさんの意志は鉄パイプみたいに頑なで「まだ早い!」繰り返して「まだ早い!」まったく見せてくれやしない。仕方なくぼくたちはお菓子コーナーに移動して、それぞれがそれぞれのラムネを握りしめてレジに向かい「見たいよぅ」「エッチなもの」「すごく」「見たいよぅ」「まだ早い!」会計を済ませてコンビニをあとにする。
 なんたって今日は快晴だ。ぼくたちはさっそくラムネの封を切って、ひと粒ひと粒を丁寧にくちに放り込み、二、三秒のあいだ舌の上で転がして清涼感を楽しんでから「容赦なく噛みくだく!」「間髪入れずに飲み込む!」「次のラムネをくちに入れる!」「転がし噛んで飲み込む!」次々にラムネを食べてエッチなものを見られなかった鬱憤を晴らす。なんたって今日は快晴なのだ。いつまでもこのモヤモヤを抱えてなんかいられない。
「なぁ」「そうだろ?!」「そうだ!」「そうだ!」
 ぼくたちの意見は一致する。一致という言葉の響きがエッチと似ていたって、ぼくたちの快晴を曇らすことはできやしない。なぁ、そうだろ?
 ラムネを食べるぼくたちは清々しい心持ちで往来を行く。ガードレールと塀にはさまれた狭い歩道を一列で進み、先にある歩行者用の信号が点滅していたって焦って駆けださない。歩道と車道の境界線につま先を揃えて停止し、通過していく自動車をしっかりと見送る。信号が青に切り替わっても慌てて飛び出したりはしない。十二分に息を吸って余裕を持ち、空を見上げて微笑んでから進んでいく。横断歩道を渡るときはフラミンゴの群れのように高らかに手を上げる。ピンと伸ばした指先で周囲に危険がないか見回し、注意深く、でもとても軽やかな足取りで渡り終える。そのあまりの優雅さに辺りで拍手が巻き起こる。ぼくたちは深々とした一礼でそれに応え、ふたたび歩き出す。どこへって? それはぼくたちも知らないさ! でも知らないからって歩くのを止めたら、それは知ろうとすることを止めたということなのさ! でもときには歩き疲れて休まなければならないこともあるのさ! ふくらはぎはこんなに強ばっているし、のどだって砂漠を食べたみたいにカラカラさ! 立ち止ったぼくたちが自動販売機で飲み物を買おうとする「まだ早い!」電柱からおじさんが飛び降りて来て「まだ早い!」ぼくたちの目をあっという間にふさぐ「まだ早い!」自動販売機のなかにエッチなものがあったのだろうか?「まだ早い!」エッチなものを知らないぼくたちには分からない。でもおじさんが現れたってことは、あのなかにエッチなものがあったことは間違いないのだぅ、う、うぅ「見たいよぅ」ぅう「ぅエッチなものぉ」ぅぅ「すごくぅ」ぅ「見たいよぅ」ぅぅ「まだ早い!」一喝され、ぼくたちはうな垂れながら歩き出す。なんたって今日は! なんたって、今日は、うぅ「見たいよぅ」ぅう「ぅエッチなものぉ」ぅぅ「すごくぅ」ぅ「見たいよぅ」ぅぅ、と嘆いていたって仕方がないのさ! なんたって今日は快晴なのだし、快晴なら学校にもいかなくちゃいけないのさ! ぼくたちはランドセルを背負い、教室に入って席に着く。授業が始まる手を上げる「見たいよぅ」「エッチなもの」「すごく」「見たいよぅ」おじさんがバンッと教卓を叩いて「まだ早い!」ぼくたちの心構えなんて余所にはじまる「なんだぁ」抜き打ちの持ち物検査「このエッチなものはぁ!」おじさんはランドセルを開け「これもエッチだ!」机のなかをあさり「これもこれも!」ふで箱やノートのなか「これもこれもこれも!」ズボンのポケットはもちろん「ぜぇんぶエッチだ!」全身を隈なくチェックされ「きみたちにはまだ早い!」次々に没収されてしまうもの「まだまだ早い!」ぼくたちが今まで普通に使っていたものなのに「まだ早い!」あれもこれもぜんぶエッチなものだったなんて!「まだ早い!」この世はどれだけエッチなものであふれているんだ!「まだ早い!」でもそれは、いつでもエッチなものを見られるチャンスが「そこッ! エッチなこと考えるな!」考えることすらエッチなんて! じゃあこれは?!「まだ早い!」これも?!「まだ早い!」これですら?!「まだまだ早い!」なにをしようとしても「まだ早い!」おじさんが「まだ早い!」「まだ早い!」で遮って「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」ぼくたちの「まだ早い!」「まだ早い!」邪魔を「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」する「まだ早い!」でも「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」ぼくたちは「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「  見たい!  」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「  エッチなもの!  」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「  すごく!  」「まだ早い!」「まだ早い!」「まだ早い!」「  見たい!  」「まだ早い!」「  エッチなもの!  」「  すごく!  」「  見たい!  」「まだ早い!」「  エッチなもの!  」「  すごく!  」「  見たい!  」「  エッチなもの!  」「  すごく!  」「  見たい!  」「  エッチなもの!  」「まだ早い!」「  すごく!  」「  見たい!  」「  エッチなもの!  」「  すごく!  」「  見たい!  」「 エッチなもの! 」「 すごく! 」「 見たい! 」「 エッチなもの! 」「 すごく! 」「 見たい! 」「 エッチなもの! 」「 すごく! 」「 見たい! 」「まだ早い!」「 エッチなもの! 」「 すごく! 」「 見たい! 」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」「すごく!」「見たい!」「エッチなもの!」

 ぼくたちは
                 「すごく!」
  おじさんの手を
              「見たい!」
   ふりほどき
           「エッチなもの!」
    ついに
         「すごく!」
     瞳に
        「見たい!」
       収める
    「ウワッ」
       「エッ」
  「えッ」
     「これは!」
          「エ?」
     「え?」

        なんたって
        きょうは
        かいせい
        なのだ

         え
         っ
         ぐ
         ぃ

感想を投稿する
ログインする※ログインしなくてもコメントできます!
コメントするときにログインしていると、マイページから自分が付けたコメントの一覧を閲覧することができます。

名前は省略可。省略した場合は「匿名希望」になります。

感想の投稿には利用規約への同意が必要です。